おぎありの美容冒険日記

美容オタクなプログラマのぼうけん日記。25才。美容やアートやその他いろいろ書きます。

モルディブハネムーン旅行記4日目フィノールヴィラ 2018【クラブメッド 評判 口コミ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイビング

クラブメッド フィノールヴィラ(Club Med Finolhu Villas)にてハネムーン

2018/11/30~12/5にモルディブにて新婚旅行を楽しんできました♪

クラブメッド フィノールヴィラ(Club Med Finolhu Villas)というラグジュアリーなリゾートで4泊を楽しんできました。旅行記として1日ずつ記事にまとめます。

3日目の記録はコチラ↓

モルディブ旅行記一覧はコチラ

レストランでの朝食はまたもや……

最後の宿泊日である4日目がやってきました。

朝食はレストランにて。

レストラン「Motu」での朝食

ジャムとマーマレードが相変わらず美味しいので、パクってやりたくなりました。貧乏人丸出しですね。

そして私の注文は……

エッグベネディクト

エッグベネディクトです。またか。それだけ美味しいということです。

卵大好き人間にはたまりません。私は板東英二か。

一人で過ごす午前

俺、今日もシュノーケリング行ってくるわ!

え、午後からダイビングやのに?

体力オバケかつ海もぐりたがり男の旦那です。

シュノーケリングしたあとダイビングする元気がない私は、ゆっくりと部屋で過ごすことに。

サンデッキで読書

サンデッキでのんびり読書です。海水でネイルがハゲているのがバカンスっぽいですよね。

積ん読にしていたフィッツジェラルドの『夜はやさし』を読みました。

コレ、若い女の子がフランスでバカンスを楽しむシーンから始まるんです。

だからこの旅にもピッタリだなと安易な気持ちで持ってきたのですが、どんどんストーリーが重たい展開に……。そもそも本自体が物理的に重い。

かなりの名作ではあるのですが、もっと軽い読み物を持ってきたらよかったです。

部屋でインスタ映え

シュノーケリングから夫が帰ってきたので、ランチまで二人でまったり。

もうすぐ帰国なので、部屋で色々と記念撮影をしよう!ということに。

イニシャルオブジェを記念撮影

結婚式で使ったイニシャルオブジェでカッコイイ写真を目指す。なかなか難しい。

サンデッキにいる筆者

陽の光が強すぎて、ついつい目を閉じてしまいます。

デッキプールに立つ筆者

足が切れているのが残念ですけど、結構いい写真では?

帽子をかぶると光の加減が調節されて、顔がキレイに撮れますね。

ランチはシーフード

少し早めにランチをいただきます。

ビュッフェから、現地のお魚(日本だと聞いたことのない名前)のお刺身をいただきました。

お刺身

旦那は焼き焼売と甘エビの刺身巻きプレート。

焼き焼売と甘エビの刺身巻き

あとはサラダを二人とも少々いただきました。午後のダイビングで気持ち悪くならないように、軽めなランチです。

ヨーロッパ系のご婦人が「このパスタのソースって、注文してからソースつくってるの? どうなの?」とシェフに質問していたので、イタリアの方かなと思ったりしました。私のテキトーな推測です。

ビーチでインスタ映え

ダイビングの時間まで、ビーチでゆっくり記念撮影をすることに。

ビーチでの撮影

コレはわりにいい具合に撮れている写真ですね。イニシャルオブジェの本領発揮です。

ハンモックで寝る筆者

ハンモックで寝てみました。

ビーチにいる筆者

動きのある写真も。

ビーチでよりそう筆者と旦那

GoProに三脚を立ててパシャりと。

ビーチにいる筆者と夫

広角レンズの方がビーチの雰囲気は伝わりますね。

ブティックの罠

あかん! お土産買ってない!

明日の昼にはモルディブを出発するのに、お土産のことを忘れていたという痛恨のミス。

リゾート内のブティックで焦って色々と購入しました。

  • 紅茶
  • ココナッツミルク石鹸
  • かわいいお香

などを買ったのですが、値段がやたら高い……。

まあ離島だしこんなもんだなと諦めたのですが、翌日にマレ空港のお土産屋さんでミスに気づく。

ほぼ同じような商品が、ブティックの半額の値段やんけ〜

そうなんです。

リゾート内のブティックは、マレからの輸送料でかなり割高だったんです。

マレ空港にお土産屋さんがちゃんとあることを、事前にリサーチしなかったばっかりに焦って高い買い物をしてしまいました。

モルディブバカンスでお土産を買うときは注意してくださいね。


 初めてのスキューバダイビング

さあ、人生で初めてのスキューバダイビングに挑戦です。ダイビングはオプションツアーです。

初めてなので、水深10mほど潜るコースです。

日本人インストラクターを指定することができるので、英語が苦手な方も安心です。

ライセンス保持者は初心者用講習を受ける必要がないため、お値段がお安くなります。

ちなみに旦那はむかし沖縄でライセンスを取得したのですが、紛失していたので割高になりました(泣)。

初心者用コースを予定している方も、ライセンス保持者はぜひ持参してくださいね。

 

器具の使い方を教わり、浅瀬で船から飛び込み軽く潜水する練習をしてから沖へ。

意を決してドボン!と飛び込みます。

そこにはファインディング・ニモの世界が広がっていました!(連想が貧困)。

サンゴ礁

繁るサンゴ礁。

ウミガメ

ウミガメを発見!

ウミガメ

「ダイバーうぜえ〜」と私たちを横切って、すーっと泳いでいくウミガメさま。

ウミガメと夫婦

ウミガメ(手前)と旦那と私。

インストラクターと夫婦

インストラクターと旦那と私。

旦那と筆者

なぜか手をパーにしている旦那と私。

ウミガメを3匹目撃しました。インストラクターさんに「かなり運いいよ!」と言われました。

最高に生きていると実感ができる、ひと時でした。お金がかかる趣味だけどダイビング始めてみたいです。

これから色んなところでダイビングしてみたいわ〜

最初にモルディブで体験しちゃったら、他の海で満足できないと思うよ?

じゃあ、金ためてもう一回モルディブ来たるわ!

モルディブでのダイビング再戦を胸に決意する私でした。

魅惑のスパへ

ダイビングでヘトヘトに疲れた体を引きずって、スパへ。

クラブメッド スパ

ハネムーナー特典の『60分ボディートリートメント』を体験します。

施術準備が終わるまで、フロントで美味しいジャスミンティーをいただきながら待機。

フィノールヴィラ  スパ
フィノールヴィラ スパ
ゆったりとした空間

あどけない顔をしたエステティシャンさんが、個室に案内してくれます。

エステルーム

ベッドが2台あるので、カップルで一緒にマッサージを受けられます。

海を臨みながら、リラクゼーションタイムです。実は枕元におもしろい秘密があります。

枕からみえる海面

ジャーン!

枕元からみえる海面

ジャンジャーン!

うつ伏せに寝ると、海面を見ることができるんです。泳ぐお魚やサメなんかを目で楽しみながら、ゆったりとマッサージを受ける。最高ですね。

かわいい顔したエステティシャンさんが二人やってきて、ボディートリートメントスタートです。

いい香りのするオイルを使って、全身をマッサージしてくれます。足から頭部まで、くまなくです。

揉み加減はちょうどよいですか?

モア ストロング!

ちょうどいい具合にモミモミしてくれる、エステティシャンさん。

気持ちいいですか?

ベリー グッド!

ちなみにmore strongじゃなくてmore strongerが正しいです。気持ちよすぎて中学英語レベル以下になってしまったと言い訳しておきます。

身体中の血行がよくなっていき、あとは爆睡です。せっかくのベッドなのに魚を見た記憶がない。

60分のボディートリートメントが終わり、ゆっくりと起き上がる私。

寝る旦那

リラックスしすぎて起き上がることのできない旦那。

フロントに戻ると、またジャスミンティーをいただきました。身体に染みわたるわぁ。

さきほど使用したオイルで気に入ったモノはありますか?
購入できますよ

へ〜。ちょっとお値段見てみます

自分へのお土産にちょうどよいかな〜と思いながら、商品一覧を見てみる。

む、むっちゃ高い! 諦めます……

どおりで身体中しっとりスベスベだし、いい香りがするわけです。お土産代やダイビング代で結構散財しちゃったので今回は諦めました。

ここでしか流通していない商品が多かったので、次回があればぜひゲットしたい。

名残おしくて

日が暮れてきて、いよいよフィノールヴィラ最後の夜が近づいてきました。

撮り忘れがないように、写真を数枚パシャりと。

フィノールヴィラ ブランコ

これはビーチにあるブランコ。日中にブランコに乗っている写真を撮ろうと頑張ったのですが、腕の筋肉が足りずに自力で乗れませんでした

帰国後筋トレを頑張りました。

夜の水上ヴィラ

ステキな水上ヴィラも、明日の朝にはお別れです。お別れしたくない。

ラストディナー

ディナー前にちょっとしたイベントへ参加。

プールサイドで前菜をつまみながら、色々な国の文化に触れ合うイベントです。

バナナケーキ

モルディブ名物バナナケーキ。甘すぎなくて私は美味しかったです。

折鶴

日本人スタッフによる折り鶴教室。折り方を忘れていたので教えてもらいました。

パレオを巻く筆者

タヒチの民族衣装、『パレオ』を巻いてみました。色鮮やかですね。

ヤシの葉工芸

モルディブでは、ヤシの葉で作る工芸品が名物らしいです。

ヤシの葉工芸品
ヤシの葉工芸品
ぶらぶらする魚と星のペンダント

手際よく、ヤシの葉を編んでゲストにプレゼントするモルディブ人スタッフたち。

潰れないようにパッキングして、自分へのお土産にしました。

さあ、リゾートでの最後のディナーです。

ローストポーク

メインにローストポークをいただきました。豚肉の甘みが口に広がります。

ワインをいつもより多めに飲んで、ゆっくり食事を楽しみました。

語らいの夜

ディナー後に、プールサイドバーでゆったりくつろぎました。

ビリヤード台

ビリヤードに興じてみたり。ちなみに私は下手です。

カクテル

ナイトプール

弱めのカクテルを飲みながら、日本人スタッフのヒロコさんと遅くまでお話ししました。

モルディブのこと、海外リゾートで働くことについて、英語の学習方法などさまざまなエピソードをお話ししてくれました。

人生のルートはとても柔軟で、意志さえあれば行きたい方向に歩みを進められるんだなと感じ入りました。

大きく違う環境にいる方とお話しする機会は大切ですね。

 

さあ、次回はいよいよ最終日です。旅の終わりですね。

帰りたくない!ともがき苦しみまくる私たちをレポートします。

お楽しみに! 

↓↓5日目の記録はコチラ

モルディブ旅行記一覧はコチラ