おぎありの美容冒険日記

美容オタクなプログラマのぼうけん日記。25才。美容やアートやその他いろいろ書きます。

【レビュー 口コミ】LilySilk(リリーシルク)のシルクナイトキャップで髪を乾燥から守ろう【効果 使い方】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:oriagi0926:20181118011534j:plain

 

 渡辺直美がオススメして大流行なシルクのナイトキャップ

matome.naver.jp

古い映画とか見てるとナイトキャップ被ってるマダムが出てくるんですよね。

f:id:oriagi0926:20171016200217j:plain

Oh…マダーム。

行きつけの美容師に、

ナイトキャップって流行ってるんですけどーなんですか?

と聞いて見たところ、

被らないより被った方がい〜よ!
昔はトリートメント剤があんまりよくなかったのでナイトキャップかぶってみんな髪を痛めないようにしてたんだよね。今はいいトリートメントがあるし、かぶる人少ないけど髪を摩擦や乾燥から守れるからいいと思うよ〜。
保湿性から見るとやっぱりシルクがいいね〜

との返答が得られました。

おっしゃ買うたろーやないか!

LilySilk(リリーシルク)のシルクキャップデビューの巻

ネットの口コミを探索して「いっちゃんええで!」という評判が多かったのが「LilySilk(リリーシルク)」

LilySilk(リリーシルク)とは

 LilySilkというのはパジャマだとか寝具だとか、シルク100%素材の商品のブランドなのですね。なのでこのナイトキャップもシルク100%。

絹にはグレードがありまして、LilySilkで使用している絹のグレードはすべて最高ランクの6Aです。

また、LilySilkのナイトキャップに使われている絹の厚さは19匁で軽くてやわらかい仕上がりです。美肌や美髪効果が一番高い厚さといわれています。

シルクナイトキャップはなぜ髪を守るのか

絹(シルク)で髪を守りながら寝るだなんてちょっとリッチな気分ですね。なぜシルクのナイトキャップが髪にいいと言われているのでしょうか?

  • 睡眠時の摩擦から髪を守る

人は一晩の就寝で20~30ほど寝返りを打つと言われており、その度に髪同士が擦れてしまってダメージの原因になります。切れ毛や抜け毛、枝毛ができやすくなるのです。

キャップをかぶることで髪の摩擦を防ぎます。

  • 絹の性質によって髪と頭皮を乾燥と蒸れから守る

絹は保湿力と通気性に優れています。夏は汗を吸って頭皮の蒸れを防ぎますし、冬は髪と頭皮を保湿して乾燥から守ります。つけ心地も常にサラサラとしています。

髪が乾燥や蒸れから守られている健康な状態であると、トリートメント剤の浸透がよくなり、効果を最大限に引き出します。

使い方

ヘアケアをしっかりしたあと、就寝前にかぶります。髪の毛がはみ出さないように注意です。これだけ。

効果

パンテーンのトリートメント使ってるのに、
コタミルボンのトリートメント使ったみたい!

というほど髪がツヤツヤです。いつも使っているサロン用トリートメントの買い置きを忘れていて、仕方なしに店頭にあったパンテーン現在使ってるのですが、髪のコンディションはキャップのおかげで良いです。

髪が肌に触れないのでスキンケアにも良いですね。

中性洗剤で繰り返し洗濯して使えますので、二枚買って交互に洗濯して使うのがグッドです。3000円くらいなら値段の割にコスパいいのではないのでしょうか。

唯一の欠点

寝てる時ダサい

髪の長さ別 おすすめタイプ

ナイトキャップシリーズにもいろんなタイプがあって、どれを購入しようか迷いに迷いました。

髪型や髪の量ごとにオススメのタイプを羅列してみます。

  • 髪が短めな人

全周ゴムで固定するので、頭がリボンで縛られなくてストレスフリー。

ただ、髪が長かったり量が多い人は朝には確実に外れています。

 

  • 髪が短めだけど量が多い人

後ろ半周にゴムが通っており、前に通っているリボンを後ろで結びます。

ピタッと頭のサイズに合わせて調節できるのがポイント。そんなに髪長いわけじゃないけど髪の量で心配だなあと思った方はこちらがよいのではないでしょうか

  • 髪も長けりゃ量もやたら多い(私はコレ)

髪が豊潤(剛毛)ガールズの皆さんはこれがおすすめですね。

後ろ4分の1周にゴムが通っており、前に通っているリボンを後ろで結びます。

髪を入れる後ろのスペースにゆとりがあって、朝まで一本も髪をはみ出さないように固定できます。

私はこのタイプをほとんど毎日被ってますが、朝起きてキャップが取れてたってことはないかなあ。

ナイトキャップは古式ゆかしき美容法だった

美容師さんの言葉通り、昔はナイトキャップがヘアケアの基本だったのです。

就寝中の摩擦や乾燥から大事な髪をしっかり守ってあげましょう。

ヘアケアに興味がある方におすすめの記事

FINC