おぎありの美容冒険日記

美容オタクなプログラマのぼうけん日記。25才。美容やアートやその他いろいろ書きます。

【保険適用 ビタミン剤】皮膚科の処方で美肌メンテナンス【シナール ユベラ ハイチオール】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:oriagi0926:20181108144118p:plain

美肌の道はまずビタミン摂取から

お肌にお悩みのみなさん、ちゃんとビタミンを摂取していますか?特にニキビ対策・美白に大切なのがビタミンの摂取です。特にビタミンC、ビタミンDは肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの生成を抑えるまさに「飲む日焼け止め」ですので沢山の摂取が必要です。巷には様々なサプリメントがありますが、私は皮膚科で保険適用をしてもらって毎月ビタミン剤を摂取しています。

f:id:oriagi0926:20171010213417j:plain

摂取しているビタミン剤

下記以外にもビフロキシン、トラネキサム酸などを処方してもらう方も多いようですね。

1.シナール

ビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸を配合した複合ビタミン剤。メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミなど)の改善にも用いられます。これを飲んでから、まず風邪にひきにくくなったのと、日焼けやニキビ跡がどんどん治りました。ちょっぴり酸っぱいけど美味しい。

2.ユベラ

血行不良の改善効果があります。肌の毛細血管の血行もよくなるので、ターンオーバーの正常化を促します。ちなみに飲み始めてから末端冷え性が大分改善されました。

3.ハイチオール

市販薬でおなじみのハイチオール 。湿疹やじんま疹、にきびの治療に用いるお薬です。くすみが取れる効果もあります。疲労回復によし。実は二日酔いに効くのでキャバ嬢の方は常備薬だそうです。

効果的な飲み方

上記のビタミン剤を朝・夕の食後に摂取します。ビタミン剤は食後に摂取すると吸収率が高くなります。飲み始めて一年以上経ちますが今年の夏は日焼けもせず、そばかすもできませんでした。

かなり私は焼けやすいのでなかなかすごい。継続は力なりというやつでしょうか。

f:id:oriagi0926:20171010214813j:plain

真夏のディズニーランドは紫外線が怖くてたまらなかった。汗で髪も肌もテカテカですが肌の状態はいいですね。

保険適用で処方してもらう方法

ニキビ跡や日焼け以外にも、昔から肌については色々とトラブルがあります。

10代の頃にストレスでひどい湿疹を患ったため、首などの皮膚の薄い場所に色素沈着があって大人になってからも悩んでいました。

そのことを肌がとても綺麗な知人に相談したところ、シナール、ユベラ、ハイチオールの存在を教えてもらいました。

早速、かかりつけの皮膚科医さんにお願いして処方してもらいました。

以下のように伝えたら保険適用されました。

・湿疹による色素沈着を改善したい

・子供の頃の膝の裏の汗疹の跡を綺麗にしたい

・指に火傷の跡があるので治したい

ポイントとしては「美容目的ではなく肌の傷や湿疹や火傷の跡を治したい」と伝えるたことです。事実、処方剤のビタミン剤を飲むことによって、昔の傷跡や黒ずみが大分薄くなってきました。ちなみに「肝斑」がある方も保険適用で処方してもらえます。

美容皮膚科はやっぱりいい

ネット上での情報を見る限り、やはり美容皮膚科の方が一般の皮膚科よりビタミン剤を保険適用で出してくれることが多いようです。一般の皮膚科だと自由診療として処方されることがままあるようです。自由診療でもべらぼうに高いという訳ではないのですが、保険適用の安さに比べると…。もしかかりつけの皮膚科が保険適用でビタミン剤を処方してくれない時は、思い切って美容皮膚科に行ってみるといいかもしれません。

市販での購入

忙しくて病院になかなかいけない。そんな時はネットでまとめて購入するとお得です。

 

この市販のシナールは、処方のシナールとまた別に、ストレスが多い時に食間に飲んでいます。あとお酒を飲んあととか。ビタミンCは摂取量の上限を超えても尿中排泄されるので副作用もそこまで神経質にならなくていいです。

 

ユベラはエーザイが販売しています。

 

世の中年女性の7割くらいは飲んでいます(個人統計)。

 

アメリカの通販サイト iHerbではビタミンサプリメントが大容量で安価に購入できます。

California Gold Nutrition, ゴールドC、ビタミンC、1,000 mg、ベジカプセル 60錠

f:id:oriagi0926:20181108153258j:plain

 ビタミン剤の飲み過ぎに注意

過剰摂取の副作用も一応あるので注意してください。腹痛や下痢の原因になります。

今回は水溶性ビタミンを紹介していますので、過剰摂取しても尿中排泄されますから副作用は出にくいとはいえ、何事も度が過ぎるといいことはありません。常識の範囲内で摂取してください。

 まあ、ビタミン剤も大事だけど、いい睡眠と食事が一番大事だなとよく思ったりもします。

 

ビタミン系サプリメントに興味がある方にオススメの記事 

 

 

lips